Archive for the ‘キッズマッサージ’ Category

ベビーマッサージ(スキンシップ)で一番大事なこと

2014-08-19

目黒区 学芸大学駅
港北区 妙蓮寺駅
ベビーマッサージ・キッズマッサージ教室mama・cocoです

 


ベビーマッサージをするときに大事なこと。

 


免疫力をアップさせる

 

脳の発達を促す

 

便秘や下痢の解消

 

夜泣きの軽減

 

 

どれも得られたら嬉しい効果だけれど、【いちばん】大事なこととはちょっとちがう…。

 


ベビーマッサージをするときに大事なこと。

 

 

それは

 

【 こころを抱きしめること 】

 

 


触っているのは身体だけれど、触れているのはこころ。

 

心を抱きしめるように触れるのです。

 

 

ベビーマッサージに…じゃないな。

 

スキンシップってそういうこと。

 

 

赤ちゃんだって、子供だって、大人だって、

 

一番大事なのは気持ちよね。

 

 

上の空で抱きしめられても 嬉しくないものね。

 

 

触れられるとその人の気持ちが伝わるよ。感じるよ。

 

だから、気持ちをこめてね。

 

 

 

そういえば、この間2歳のお子さんを持つママに

 

「最近ベビーマッサージ嫌がってやってくれないんです~」

 

とお話しされました。

 

 

うんうん、わかります。

 

ゴロンと寝転んで、改めてマッサージされるのを嫌がる時期ってありますよね。

 

 

どうして嫌がるのかにもよるけれど、

嫌なものを無理やりやる必要なんて全くなくて、嫌がるならやらなくてもいいのよ~

 

 

でも

 

 

触れるって大事。触れたい。コミュニケーションとりたい。受け入れたい。

その子を感じたい。成長を喜びたい。愛している気持ちを伝えたい。

 

って思うなら

 

改まって、ゴロンと寝転ばせて、よーーっし、やるぞーー!って意気込まなくても

 

 

ことあるごとに 触れるのはどうだろう?

 

 

 

横を歩いたらサラサラの髪をなでなで

 

ご飯食べさせながら ふっくらほっぺに触れて

 

洋服着せながら 体をぎゅーっと抱きしめ成長を感じ

 

遊びながら 大きくなってきた背中すりすり

 

手をつなぎながら むにむにのお手手をぎゅっ

 

お風呂でいつもよりたくさん ぽっこりお腹をくるくる

 

まんまるむちむちのお尻も丁寧に洗って

 

おやすみ前には 頬ずりすりすり

 

 

いつだって、どんな状況だって、スキンシップはたくさんできるよ。

 

 

そんなちょこちょこスキンシップだって

 

【こころを抱きしめるように】触れれば、それは必ず赤ちゃん(子供)に伝わるはず。

 

 

 

気持ちを込めて触れられた時の喜び。

 

受け入れてもらっているという気持ちの安定。

 

守られているという安心感。

 

大切にされているという実感。

 

 

そんなものこそが一番大切なんだもの。

 

 

 

形式や、手技や、ルールなんてないの。

 

 

一番大事なのは気持ちなの。

 

 

 

 

 

banner ★Facebook よかったらいいね!しにきてください

 

 

mama・cocoは 目黒区・横浜港北区で活動しています。
学芸大学・都立大学・自由が丘・祐天寺・中目黒・代官山・渋谷
妙蓮寺・菊名・大倉山・綱島・日吉・白楽・東白楽・反町・横浜
のみなさまぜひ一度遊びにいらしてくださいね♪

子供のこわばった心と体をゆるめよう

2014-07-31

 

今日からちょこちょこ

 

・こどもとの触れ合いのコツ

 

・穏やかな気持ちでこどもと接する考え方

 

を書いていこうと思っています。

 

 

まず、「ベビーマッサージはいつまでできますか?」 という質問に、

 

私は「何歳でもできます。何歳でもやってあげてください」とお答えしています。

 

 

ベビーマッサージとはいうけれど、ベビーじゃなくたっていいんです。

 

キッズでも、アダルトでも(あれ?なんか変な言い方?笑)

 

ふれあいが大切なのは、赤ちゃん期だけじゃなく、幼児期も 大人も!

 

 

けれど、やり方や向き合いかたは やはり少し変わってきます。

 

 

たとえば、2歳~3歳くらいは成長の過程で

 

できる!と思ったものができない

やれる!と思うのにやらせてもらえない

やりたい!と思っても止められる(思い通りにいかない)

これじゃない!というこだわり

 

から、イライラしたり ひっくりかえって怒ったりすること、ありますよね

(俗にいうイヤイヤ期というものでしょうか)

 

 

そんな時、子供の身体に触ってみてください。

 

 

手のひらにはなるべく力を入れずにふわっと体に乗せる程度。

 

肩回りや、お腹、骨盤、お尻、背中・・・

 

 

骨や筋肉はとってもこわばっています(ガチガチになっているのがすぐにわかりますよ!)

 

 

次はこどもの頭と顔にも触ってみてください。

 

 

おでこ、あたま、首の後ろ、みけん・・・

 

 

こちらもゴツゴツしているのがわかるはずです。

 

 

心のは体とつながっています。

 

心の状態は体にあらわれ、

 

体の状態は心にあらわれます。

 

 

 

こういう時期には とにかくゆっくりゆっくりさすって 身体の緊張をゆるめてあげること

(もちろん怒っていないときにね、(笑))

 

マッサージ!とかいって圧をかけたり、ぎゅーぎゅーする必要なんてないんです。

 

ママの手のひらを乗せて、手のひらで呼吸をするイメージで ゆっくり やさしく さすっていきます。

 

 

それだけでみるみる子供の身体が柔らかくなっていくのがわかるはず。

(わからない人は普段から子供の身体にたくさん触れて、手のひらを敏感にしておきましょう)

 

 

体がゆるむと心も落ち着き、リセットされます。

 

柔らかい体で心の緊張も解いてあげましょう。

 

 

一日の終わりに心も体もリラックスしてぐっすり眠れるよう、たくさん触れてあげましょう。

 

 

そうすることで、きっと次の日は また新しいピカピカの一日がスタートします!

 

 

 

Copyright(c) 2012 mama-coco All Rights Reserved.