赤ちゃんの肥満は大人になっても影響する?!

2013-06-12
目黒区・大田区・横浜港北区ベビーマッサージスクール&教室
mama・cocoおかやまです。ご訪問いただきありがとうございます。

生後8ヶ月~9ヶ月頃、2回食が始まったあたりにぐんと食欲が増えてぽっちゃりする子が多いですよね。
うちの娘もそのくらいの時はあげてもあげても食べたがり、とにかくよく食べました。見ている人が「そんなに食べるの?!」「そんなに食べさせて大丈夫?」と驚くくらい。

 

お教室でもこのくらいの赤ちゃんたちはムチムチしている子が多いし、ママたちも「本当によく食べるんです~。どれくらいまであげたらいいかわからなくて…」なんていう声をよく聞きます。

 


「赤ちゃんの頃に太っていると、細胞が大きくなってしまい成人してからも肥満になりやすい」

 


という説、聞いたことある人、いますか?(恐らくかなり認知されている説だと思うのですが…)

 

これ、現在では否定されているそうです。

 

学会でこの説が発表された際にたくさんのメディアに取り上げられて多くの人がこの事を聞いたと思うのですが、これは翌年の学会で否定されたとのことです。そして否定された事実はメディアに流れることなく、「肥満になりやすい」ということだけが世間に知れ渡ってしまったのですね(こういうことってたくさんありますよね)

 

8ヶ月~9ヶ月は一番よく食べるけれどまだ自分で歩いたりもしないので体重が増加しやすいのかもしれませんが、歩きだしたりするようになるとほっそりしてくることが多いようですよ。

 

たくさん食べてムチムチしている赤ちゃんのママ、心配せず「今だけ」と思ってこのムチムチたくさん満喫しちゃいましょうね♪

 

 

mama・cocoは
目黒区・渋谷区・大田区・横浜港北区で活動しています。
学芸大学・都立大学・祐天寺・中目黒・代官山・渋谷・広尾
恵比寿・武蔵新田・矢口渡・千鳥町・池上・大倉山のみなさま
ぜひ一度遊びにいらしてくださいね♪
Copyright(c) 2012 mama-coco All Rights Reserved.