泣いてもいいんだよ

2014-09-10

目黒区 学芸大学駅 徒歩2分
ベビーマッサージ・キッズマッサージ教室mama・coco(ママココ)です

 

 

赤ちゃんが泣くとね、

 

なんとか泣き止ませようと
抱っこして、ゆらゆらして、おむつ取り替えて、おっぱいあげて

 

それでも泣き止まないと何か不快なのかしら?って
洋服着せて、脱がせて、寝る場所整えて、エアコンチェックして

 

それでもそれでも泣き止まない場合は「どうしよう、どうしよう…」って焦りだして
不安になったり、ちょっぴり怖くなったり、なんだかこっちまで泣きたくなったり…

 

初めての赤ちゃんの慣れない育児はわからないことが多いだけに
「なんとかしないと」って思ってしまいがち。

 

 

だけどね、泣かせておいてもいいんですよ。
泣くことって悪いことじゃない。

 

 

不快を取り除いてあげた上で、それでも泣く場合は、ゆったりした気持ちで
泣かせてあげればいいんです。

 

いいよ、いいよ、泣きな、泣きな。ママはここにいるから泣いても大丈夫だよって。

 

 

泣くことを止めるんじゃなくて、
泣いている横で寄り添ってあげればいいの。

 

 

そう思って何もしないで横にいたからといって永遠に泣き止まないわけじゃない.
どこかが痛いとか、調子が悪いとか、何かがない限り 一通り泣いたら止まるもの。

 

 

 

もう少し大きくなったら、今度は「泣ける子」に育てるのが大切になってくる。

 

赤ちゃんのうちは 泣かないように、泣かないように、と接するけれど
子供になったら赤ちゃんのように一から百まで全部ママがしてあげられるわけじゃない。

 

自分でやることが増えて、
自分で乗り越える必要がでてきて、
自分で主張することも大切になってくる。

 

 

その時に 今度はその気持ちを表にだす っていうことも大事になってくる。

 

本当は泣きたいのに、泣くのを我慢して心に蓋をしてしまわないように。

 

 

泣きたいときは泣いてもいいの。

 

 

だけど、体の不調を見逃したり 赤ちゃんの重要な訴えを見過ごさないように…

 

そのためにもベビーマッサージってとっても有効。

 

いつも赤ちゃんの体に触れて

いつも赤ちゃんと目を合わせて

いつも赤ちゃんの心と体をみつめていれば

 

いつもと違う異変には大抵の場合、気付けるもの。

 

 

 

赤ちゃんのココロとカラダをみつめるベビーマッサージ、一緒に初めてみませんか?

 

*11月ベビーマッサージクラスの予約開始は明日からです

 

 


最新スケジュール

  ◎ 10月ベビーマッサージクラス
7・14・21日 10:30~12:00 ¥7,500  → 満席になりました

 

◎ mama・coco × SUNDAY STUDIO
ベビー・キッズマッサージ&親子撮影会 → 満席になりました

 

 

banner ★Facebook で育児コラム掲載中。よかったらいいね!しにきてください
mama・cocoは 目黒区を中心に活動しています。
学芸大学・都立大学・自由が丘・祐天寺・中目黒・代官山・渋谷
のみなさま ぜひ一度遊びにいらしてくださいね♪
Copyright(c) 2012 mama-coco All Rights Reserved.